去る11月22日、介護士さんのお勉強会へお招きいただき、セミナーを開催させていただきました。

厳密にはクレイケアボランティアの会MARU生野が発足する直前のご依頼でしたので、Earthとしてのセミナー開催でしたが、お手伝いでMARUメンバーのクレイソムリエ大塚眞喜さんが帯同くださり、セミナー中のお写真を撮ってくださいました。

『介護現場でのクレイセラピー活用法セミナー』

今回のテーマは「クレイ歯磨き」です。

介護現場でのクレイセラピー 歯磨き1
総勢18名の介護士さんたちにお集まりいただきました。
皆さんとっても勉強熱心な方たちばかり!

口腔ケアは、体の健康状態の増減と密接な関係にあること。

そしてメンタルヘルスへも大きく影響してきます。

皆さんはお仕事柄、口内環境を整えることがどれだけ大切な意味を持つのかは、実感と共によくご理解されています。

なので普段からすでにお仕事現場でも気を付けていらっしゃる事項なんです。

ではなぜ、市販の歯磨き粉や専用ジェルよりもクレイでの歯磨きを薦めるのか。

そこを納得していただくには、クレイそのもののしくみの理解、それと同時に実際の体感からも府に落としていただくことが重要です。
介護現場でのクレイセラピー 歯磨き3
しくみや市販品との違い、メリットデメリット等々解説あとに、皆さんにクレイ歯磨きを実際に体験していただきました。

介護現場でのクレイセラピー 歯磨き4
磨いている最中や後に感じたことと、理論的な解説が合致して初めて『納得』が生まれます。

ここでようやくクレイは「半信半疑な魔法の粉」から「確かな有用性を望めるクレイという物質」と認識してもらえたかなと思います。(^^)

介護現場でのクレイセラピー 歯磨き2
自分で歯を磨けない方へのクレイ歯磨きで注意する点などを実体験を交えてお伝えし、講義は終了。

最後の最後まで、熱心に講義を聞いてくださっていました。
皆さま、本当にありがとうございました♪

後日、担当の方とお会いした時に伺ったお話は、
・口内炎いっぱいで喋れなかった方が、歯磨き後しばらくして「そういえば喋れてる…」
・2回目の歯磨き後「もっと喋れてる!」
・口の中がポカポカする!
・ツルツル!おいしい!(笑)
・利用者さんや仲間に、違う目的でも活用してみたいと話している
・クレイをもっと知りたい etc..

特にうれしかったのは、
・利用者さんや仲間に、違う目的でも活用してみたいと話している
というお話でした。

違う目的というのは、具体的には体臭や帯状疱疹などのケア。

55分間という短い講義の中では、クレイのしくみといっても深いところまでは説明も理解も難しく、大まかなしくみの話しかしていないのですが、熱心に聞いてくださったことでメカニズムを理解し、他への応用をご自身たちで考えてくださっていたということ。

これは本当にうれしかったです!講師冥利に尽きます。(^^)

介護現場でクレイは役立つ。
精神的なセラピーとしても、ご本人さん、ご家族さんのお役に立つことができる。

皆さんに知ってもらえるように、草の根ですができる範囲で活動しています。
このセミナーは約1時間、と短い時間でしたが、私にはとても大きな意義がありました。(^^)

:::::::::::::::::::::::::::::::
クレイケアボランティアの需要は多いのですが、発足間もないMARU生野はメンバー数もまだ少なく、活動の幅をあまり拡大できないのが現状です。。

そこで、私たちと一緒に活動してくださるメンバーさんを大募集中です!

ボランティア活動に興味があり、ハンドトリーメント(手技は問いません。ちなみに私はハンドリフレクソロジーです。)ができる方。

クレイの知識がなくても、しっかりご説明はさせていただきますので、それから活動するかどうかを決めていただいてもちろんOKです。(^^)

ボランティアに興味はあっても、ハンドトリートメントのやり方なんて知らない…という方もいらっしゃるかと思います。

有料ではありますが、以前より当スクールでも『1日で習得できるクレイハンドリフレクソロジー講座』を設けていますので、しっかりレクチャーさせていただきます。
(ご家族や周囲の方へのヘルスケアに役立てられる講座です。)

ボランティアについて
グループについて
具体的な活動の内容
ハンドトリートメントについて
クレイについて

などなど…どんなことでもまずはお問い合わせください♪
:::::::::::::::::::::::::::::::