先日27日は、クレイケアボランティアの会MARU生野の活動日でした♪

生野区地域包括支援センターさん主催の「おかちやまなごみカフェ」にて、15名の皆さまに施術させていただきました。

普段の平均人数は7~8名とお聞きしていたのでメンバー2名で伺ったのですが、およそ倍の方々にお越しいただけ、てんてこ舞いになりながらも嬉しくて嬉しくて🎵
(そんな訳で当日の写真がありませーん 笑)

「手のトリートメント?粘土で?!なにそれ!」と、物珍しさもあったのかと思いますが、それでも興味を持って足を運んでくれて、「気持ちいいわ」「ありがとう」とたくさんの笑顔を向けてくださった事がとても嬉しい

「いつもにも増して皆さん明るく楽しそうだった」と、スタッフさんが教えてくれました。

トリートメントされて気持ち良いとか、会話が弾んで楽しい嬉しいとかの感覚や感情は、それこそ年齢や性別、認知症や身体不自由の有る無し関係なくみんなが共有できる部分だと思うのです。

でも認知に不安を抱えて生活している方の中には、家族や人さまに迷惑かけちゃいけないからと家にこもりがちになっている方も多いようで、ストレス発散の機会がないとの声も聞きます。

そんな時に、各自治体が運営しているこういったカフェや私たちMARU生野を遠慮なく使ってくだされば、と思います。

ご参加くださった皆さま、支援センターの皆さん、カフェボランティアの皆さん、ありがとうございました
MARUメンバーさん、お疲れさまでした
次回もヨロシクです