普段の講座のようすを記事にすることはあまりないですが、これからはたまにでもアップしていこうと思います!(いつまで続くかな…(^^;)

回を重ねるうちにクレイの扱い方も慣れてきた生徒さん。
各クレイのペースト作りも手際良く♪
クレイペースト作り

各クレイの個性も身に付いてきているので、その日の実習に使用するクレイの選択も、生徒さん自身がチョイスします。

この日の実習はボディパックがテーマ。
教室では足裏パックをすることが多いです。

足裏パック
↑この写真は別の生徒さんのもの。
指は塗布しない方法もあるそうですが、指や指の股、爪周りにもツボや経絡がたくさん密集しているので、うちでは塗布します。

パック中、パック後は体感に意識を向けて、体でクレイごとの感覚の違いを感じてもらい、経験を重ねていってもらいます。

使いこなしていくには、理論も大事ですが、体で知ることはもっと重要。
理論と感覚、両方落とし込んではじめて『身に付いた』といえます♪

身に付いていないと、たとえ筆記試験を合格してプロセラピストになっても、その時の目的や体調を考慮した、自分やお客さまや周りの人へのクレイ選びに自信が持てません。

実力重視のセラピストを育成
クレイセラピスト養成講座 6,7,8月期生さん只今募集中です!