ナチュラルセラピースクールEarthのクレイセラピー写真

前回の記事に書いたクレイ歯磨きの記事。

【クレイ歯磨きで歯周ポケットが…♪】クレイセラピー体験談

その日の夜間にいらしたクレイパック体験のお客さまが、道中この記事を読んでくださっていて、タイトルのようなご質問を受けました。

「実は昔クレイセラピーを習ったことあるんやけど、そこではパウダーのままって言ってたから、何でわざわざペーストなんかな?って思って。」

私も昔、パウダーのまま磨いてた時期があるから分かります。
粉のままって1番ラクな”かたち”ですよね。(笑)

吸着作用の大きさもあるでしょう。
最初は口の中ギュッ!ってなるけど、すぐに唾液で落ち着きますし、その使い方が気に入ってるなら、それでいい。

じゃあなぜ私はペーストに戻ったか。そしてペーストを推奨しているのか。

私の見解を書きますね。

まず、全てのクレイには『シリカ』というミネラル成分が多く含まれています。

このクレイに含まれている『シリカ』は不溶性で、水溶性の『シリカ』とは違う物質です。
(この辺のことは少し前に記事にしました。
命のミネラル 水溶性シリカ(ケイ素)とクレイに含まれるシリカは同じ?

先月、岐阜県のどこぞの工場周辺地域で起きた崩落事故で取り沙汰されたのが『発がん性物質のシリカパウダーが周辺地域に大量に流れ込んだ!』というニュース。

このニュースを見て「え!シリカって危険なものなの!?」と思った方も多いかと思います。

でもこれは、シリカにも色んな種類があるし、扱い方次第。(人間の扱い方次第で”大地の恵み”にも”汚泥”にもなってしまう。。工業用とはいえ悲しいですね)

細かい粉状のまま飛散した粒子を大量または長期間吸い込んで肺に溜まっていくと、そういうリスクが発生するシリカがあります。

そんなシリカでも、水分を含んでペースト状になっている時は、粒子は飛散しないので肺には入らず、極めてリスクは低いといえます。

また、発がん性の対象は今のところ調べた範囲では「肺」しか出てきません。
(より詳しい情報をお持ちの方がいたら、教えてくださーい)

例えば、ICSCに登録されている商品名「カオリン」(ICSC登録番号1144)の場合、発がん性物質には指定されてないけど、『粉塵粒子への反復または長期の暴露により、肺が冒されることがある。肺に影響を与え、線維症(カオリン塵肺症)、機能障害を生じることがある。 』と書いてます。

…というか、シリカとか発がん以前に、どんな物質でも不溶性で細かい粒子が大量または長期間肺に入れば、肺痛めますよね。

ヒーリング用に使われている高グレードのホワイトクレイは、粒子サイズが1~2μと超微粒子なので、肺の奥に入り込みやすいため、強く吸い込んだ時に自浄作用で咳き込んだとしても、排出もしにくいでしょう。(俗にいうPM2.5の考え方。)

さて、歯磨き。

「そんな細かいこと言わんでも、パウダーが唾液に馴染むまで息止めてたらえ~やん。」という声もあるでしょう。
うん、自分で呼吸のコントロールが出来る健康な方が、自分で磨くにはそれでよいと思います。

んがしかし…その方が気に入ってお友達に広めるとする。
そのお友達も気に入って家族の歯磨き習慣に取り入れる。
そのご家族の中に呼吸器の弱い方がいらっしゃったら?
小さいお子さんも口をあ~ん!てしてる時は息止まってるけど、その次って息吸います。
喉の筋肉が衰えてたりまだ未発達のときは、「吸う・吐く」のタイミングが意思とずれることがあって、予期せず気管に入っちゃう可能性が出てきます。

ヒュッっと吸ってしまって入ったとしてもほんのほんの微量ですが…2,3才から70年、80年と毎日朝晩クレイパウダー磨きを続けたとしたら?

正確な答えなんてないからこそ、より安心できる使い方で広めていきたいと思うのが、クレイセラピストとしての私のスタンス。
だから、パウダーが舞わないペースト。理由はそれだけです。

誤嚥が強い方の場合は、ペーストであっても避けたほうが良いかも知れません。
不溶性じゃなく水溶性、例えば天然塩で磨くとか。。

これを聞いたうえで、実践される方がどんな使い方するかは強制しませんが、来られたお客さまは「そりゃそうだ。私と子供はペーストに変えます。」とおっしゃっていました。
家族構成は知らんけど、「私と子供は」って。(笑)

ここでもう1つ質問が出ました。

「クレイパウダーの吸い込みを避けたほうが良いなら、ほとんど毎日やってるフェイスパウダーやボディパウダーみたいに使うのも止めたほうが良い?」

いやいや、クレイパウダーという”かたち”にもメリットはいっぱいあるので、ここでフォーカスされるのは扱い方です。

顔でも体でも、強くはたけばいっぱい舞います。目に見えない粒子もいっぱい舞ってます。
はたいてる最中は息止めてください。(笑)
はたき終わった後もちょっとだけ息止めるとか、風上に立つとか、空気清浄機の近くではたくとかちょっと気にしてください。

ベビーパウダーのように使ってる場合は、赤ちゃんに息止めて~って言えませんから、私は空気清浄機の近くで極力優し~く押さえるようにつけるようにしてました。
パウダーじゃなくクレイウォーターもよく使っていました。
…そういや顔にはあまりやってないな。

とまぁ、こんな感じで。

なんだかんだと今日は長くなってしまったので、今日は終わりまーす!