皆さんご存知のとおり、先週金曜日に東日本大地震が起きました。

そこで、この3日間は必要最低限の通信のみ行い、

インターネットや携帯メールなどは控えさせてもらっていました。

通信回線が繋がりにくくなるというのは、直後から予想できますね。

被災地の範囲だけでなく、そこから遠く離れた地域からも被災地へ

安否確認をしたい人達も、まだまだ沢山いらっしゃると思います。

そんな中、個人レベルで節電呼びかけ等のチェーンメールが頻繁に回っています。

ほとんどの方は善意の気持ちからされているのだとは思いますが、

次の方へ回す前にちょっと考えてみてください。

せっかくのあなたの善意を乗せたその通信回線が、

本当に情報を必要としている人達の妨げになっているかも知れないことを。

ネット回線もしかりです。

伝言掲示板に直接用のない人は、アクセスを控えてください。

祈りの力を信じている人達(私も含め)は、誰かが呼びかけなくても自主的にされているはずです。

節電の呼びかけも国が一生懸命やっています。

私たち1人1人ができることや範囲はそれこそ様々ですが、

その決心と行動が「本当に今必要なことなのか」少し気持ちを向けることも、被災地支援の一環になるのではないでしょうか。

被災地の方々に、少しでも早く平穏が訪れますように。

不本意にも今世の生命を終えてしまわれた方々が、少しでも迷うことなく光の世界へ向かわれますように。

心よりお祈り申し上げます。